ジストニアのその後の報告

皆様、こんにちは!

なんか・・広島でも緊急事態宣言出されそうな感じと

なって参りましたが・・

ちょうど1年前くらいから、指の調子がおかしくなり、

<あれ??>となったのが去年の5月

で、6,7,8月は、それでもオケの仕事をさせていただき、

9月から、<もうこれ以上は、無理!!>

となり、そこから、治療に専念し。

結局、今年の4月からまたオケ復帰

その後も、いろいろと試行錯誤してきましたが

ようやく

これなら、きちんとコントロールできるぞ~

と、安心して吹ける状態へとなってきたので

その、試行錯誤の結果を、

ジストニアで悩んでいらっしゃる方々に向けて

発信したいと思います

結局なんですが、

何度か、リボトリール(脳の薬)の断薬を、試みましたが

結局、飲むのを止めると3日目くらいから、また巻き込み症状が・・

出てきてしまう!!

ということで、お医者さんのお弟子さんに

いろいろと薬について相談させてもらい、

一生飲み続けても全く支障ない程度のもの、ということで

割り切って、薬を無理に止めることをやめました~!(ややこし)

できるだけ、薬量が多い時間帯と少なくなる時間帯が

差が大きくない方が良いそうなので、

寝る前に半分、お昼に半分、ということに決定しました

そうすると、例え夜本番でも、大丈夫!!だし

あとは、テーピングです。

私の場合、巻き込み症状なので、

一応、何か!!もし状態が悪くなってしまっても

きちんとコントロールはできるように、

保険として指の第1関節に、テーピングします

そのうち、もし、テーピングしなくれもよさそうになったら

外すことにします!

というような状態です!

ほんとに、何事も諦めずに、

念ずれば花開く!!

念じ続けることが大事ですね!!



閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示

実は、昨日、オケの事務局からの一斉メールで 癌の治療をされていた同僚T氏の訃報を知り その後、そのT氏との想い出というか… いろんな事を思い返していました。 弦楽とのアンサンブルの時に <何がなんでもこの曲をやりたい!> と言った私の希望を汲んで. わざわざ編曲して下さったり… まさにコロナ禍が始まった頃に <コロナ対応をどうするか?>で ユニオン執行部として、ものすごい やり取りした戦友のような