ブラームスについて

今日は、呉での定期演奏会でした!

こんなご時世にも関わらず、多くのお客様に

お越し頂き、ほんとに感謝!

そして、今日は、仲間である

コンマスSちゃん、チェロ首席のマーティンが

ソリストの、ブラームスのダブルコンチェルト!

ブラボーでした

さらに、二人はブラームスの交響曲4番にも

乗るという…

スゴすぎる

指揮は井上道義さん。

ブラームスは、皆さんもご存じでしょうが

とっても繊細、内面的、でも

内にはものすごいエネルギーがあり

その計り知れない幅の広さに

魅了される作曲家ですが

特にオケマンとしては、ブラームスが

きちんと吹けるようになれば

一人前?みたいな感じの作曲家であり

もともと、ものすごーくブラームスが

好きで、特に交響曲は、

楽譜みたことない内から

聞き覚えで歌えてたくらい好きで…

でも、それがオケに入って

楽譜を見た時に、自分が思ってた

1拍目と全然違ってたことに唖然とし…

でも、しばらくは、その長年の思い込みから

脱却できず…

まじで、私的には、困り果てた作曲家でした…💧

特に、シンフォニー四番は、

一番好きな交響曲で、

今日は、またオケで演奏できた事が

何よりも、本当ーーに幸せでした😭😊

ブラームス交響曲四番には、

最終楽章に、フルートの長めのソロがあり

それは、オケスタにも必ず出るくらいの

ソロなんですがー

私個人として、ここについて

思っていることがあります

それは、あのフルートソロの部分は、

他でもない、<ブラームス自身の独り言>であり

絶望や、孤独、もう死にたい!という思いを

神に向かって、最初は静かに

途中は叫んで…

そのうち諦めに近くなり…

そうすると、天使👼である

オーボエ、クラリネットが、

<大丈夫よー!>

と慰めてくれ

そのうち、トロンボーンによる

本当の神様からの救いのコラールが流れる

いやー、ほんとに。

私はそういう場面だと、心から思っています。

やっぱり、神の救いの場面では

涙が流れます

今日は、いろんな意味で

良い演奏会でした~!


閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

実は、昨日、オケの事務局からの一斉メールで 癌の治療をされていた同僚T氏の訃報を知り その後、そのT氏との想い出というか… いろんな事を思い返していました。 弦楽とのアンサンブルの時に <何がなんでもこの曲をやりたい!> と言った私の希望を汲んで. わざわざ編曲して下さったり… まさにコロナ禍が始まった頃に <コロナ対応をどうするか?>で ユニオン執行部として、ものすごい やり取りした戦友のような