同僚の訃報に思う事

実は、昨日、オケの事務局からの一斉メールで

癌の治療をされていた同僚T氏の訃報を知り

その後、そのT氏との想い出というか…

いろんな事を思い返していました。

弦楽とのアンサンブルの時に

<何がなんでもこの曲をやりたい!>

と言った私の希望を汲んで.

わざわざ編曲して下さったり…

まさにコロナ禍が始まった頃に

<コロナ対応をどうするか?>で

ユニオン執行部として、ものすごい

やり取りした戦友のような方でした。

(相手は新型コロナです)

元々、T氏は、とっても滑舌悪くて、

興奮すると、さらに滑舌悪くなり

<何言ってるか、わかんないよー!>

ってなったり…

でも、すっごく頭のきれる方で

すぐ計算もできるようで

先を見越して<こうした方がいいよ>

と、言いにくいことも言われたり…

お酒が好きで、いきつけのお店で

一緒にみんなで飲み会したときの

接待ぶりが、ものすごく嬉しそうで…

そんな、いろんな想い出を思い返し

今日、オケのリハーサルで

一分間の黙祷を捧げたときに

そんな事が走馬灯のように思い返され、

封印してた感情の箱の

蓋が開けられてしまい

号泣してしまいました…

最後の最後まで、オケの本番に

乗ろうとされて、

まさに、心から広響を愛され

<下野さんが音楽監督の契約更新されるか?>

という時に、下野さんに手紙を送られたという

T氏。

その姿を思った時、

遺された私達が、T氏の分まで

<精一杯、生きないといけない!!>

と、心から思いました。

ほんとに、最後の最後まで

オケを愛し、広響を愛してくださった

T氏の想いをきちんと受け継がないと!

今生という修行を終えられ

この一生を全うされたT氏のご冥福を

心からお祈りしています。

合掌

閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示